PAGE TOP ▲
Office Hashimoto
ノウハウ集トップへ

NTT RV-230NE にWindows Vista のパソコンを接続すると、複数のネットワークができてしまう

NTT の光電話対応機器 RV-230NE は IPv6 対応となっています。
Windows Vista も IPv6 対応となっていますので、複数のネットワークができた場合は、自動的に IPv4 と IPv6 のネットワーク接続が作成された可能性があります。
このパソコンで IPv6 を使わない場合は、下記の操作でプロトコルを無効にしてもかまいません。

  • ネットワーク共有センターを開くと、次のように複数のネットワークができています。
    この例では、ワイヤレスネットワーク接続が2つありますので、以降はワイヤレスネットワークで説明します。

  • この複数のネットワークが、IPv6 で接続されているかどうか確かめてみましょう。

    まず、[状態の表示] をクリックします。

  • [ワイヤレスネットワーク接続の状態]ウィンドウで、[詳細] ボタンをクリックします。

  • IPv4 と IPv6 の両方で接続されていました。

  • ネットワーク共有センターに戻って、[ネットワーク接続の管理] をクリックします。

  • [ワイヤレスネットワーク接続]を右クリックして、[プロパティ]をクリックします。

  • [インターネットプロトコルバージョン6 TCP/IPv6] のチェックボックスのチェックを外して[OK]ボタンをクリックします。
    これで IPv6 が無効になりました。

  • しばらく待ちますと、複数のネットワーク接続が消えました。
    本当に IPv4 接続だけになったか、確かめてみましょう。
    [状態の表示] をクリックします。

  • [ワイヤレスネットワーク接続の状態]ウィンドウで、[詳細] ボタンをクリックします。

  • IPv6 の表記が消えています。
    [閉じる]ボタンをクリックして確認を終了します。