PAGE TOP ▲
Office Hashimoto
ノウハウ集トップへ

共有フォルダを作成する方法(Windows 7 編)

共有フォルダを作成すると、別のパソコンからそのフォルダに読み書きすることが可能になります。
下記の前提で説明します。

  • Windows Server を設置していない

  • 共有フォルダを、ユーザー名とパスワードで保護したい

  • 共有フォルダは、 Windows 7 Professional のパソコンに作成する

  1. パスワード保護共有を有効にします。

    [スタート] ボタンをクリックし、[コンピューター] をクリックします。

    [ネットワーク] をクリックして、[ネットワークと共有センター] をクリックします。

    [共有の詳細設定の変更] をクリックします。

    [パスワード保護の共有を有効にする] になっていることを確認します。
    なっていない場合は、[パスワード保護の共有を有効にする] を選択し、[変更の保存] ボタンをクリックします。

    [共有の詳細設定] を閉じます。

  2. Windows 7 Professional に、ユーザーアカウントとパスワードを作成します。

    [スタート] ボタンをクリックし、[コンピューター] を右クリックして [管理]をクリックします。

    [コンピューターの管理] 画面 で、[コンピューターの管理] → [システムツール] → [ローカルユーザーとグループ ] → [ユーザー] と展開します。
    [ユーザー] フォルダを右クリックし、[新しいユーザー] をクリックします。

    ユーザー名を入力し、パスワードを2回入力します。

    複数のパソコンに、同じユーザー名とパスワードを使ってログオンしますから、
    [ユーザーは次回ログオン時にパスワードの変更が必要] のチェックを外し、[パスワードを無期限にする] にチェックを付けます。
    ※クライアント OS は、ユーザーアカウントを一元管理できませんので、個々のパソコンに同じユーザーを作成する必要があります。
    [作成] ボタンと [閉じる] ボタンをクリックします。

    新しいユーザーが作成されました。他のパソコンから共有フォルダにアクセスする場合は、このユーザー名とパスワードを使って、パソコンにログオンすることになります。

    [コンピューターの管理] を閉じます。

  3. Windows 7 Professional に、共有フォルダを作成し、アクセス権を付与します。

    この例では、C ドライブの直下に、[テスト共有] というフォルダを作成します。
    ※デスクトップやマイドキュメントには、特殊なアクセス権が付与されていますので、そこに共有フォルダを作成することはお勧めしません。
    フォルダを右クリックして、[共有] をクリックし、[特定のユーザー] をクリックします。

    ドロップダウンボタンをクリックし、作成したユーザーを選択して、[追加] ボタンをクリックします。

    このフォルダにアクセスできるユーザーが追加されました。
    続いて、このユーザーにアクセス権を付与します。既定では [読み取り] になっていますので、用途に応じて変更します。

    アクセス権 用途の例
    読み取り プリンタドライバや、各種ドライバ、アプリケーションなどの、
    削除も変更もされたくないデータを、選択したユーザーに提供する場合
    読み取り/書き込み 選択したユーザーに、読み書き可能なフォルダを提供する場合

    [共有] ボタンをクリックします。

    しばらく待つと、[ユーザーのフォルダは共有されています。]が表示されるので、 [終了] ボタンをクリックします。


ご参考:共有フォルダを作成する方法(Windows Vista 編)