PAGE TOP ▲
Office Hashimoto
ノウハウ集トップへ

Expression Web 3 で [編集メニュー] の [置換] を実行すると、BOM が削除される

Expression Web 3 で、複数の HTML ファイルの特定の文字列を、一括で置換える場面はよくあると思います。
[Unicode(UTF-8)] に設定された HTML ファイルの場合、 次のような操作を行うと、BOM (バイト オーダー マーク) は勝手に削除されるので、再度このファイルを開き、BOM を追加する必要があります。
Expression Web 3 のページ編集オプションで、 BOM を追加する設定にしている場合、BOM が削除されたページとそうでないページが混在することになり、ブラウザによっては予期しない表示になることがあります。

BOM が追加されていることを確認する操作:
  1. フォルダーリストの任意の HTML ファイルをダブルクリックして開きます。

  2. [コード] ビューの適当な場所を右クリックし、[エンコード] をクリックします。

  3. [BOM (バイト オーダー マーク)を追加する] のチェックボックスにチェックが入っていると、BOM が追加されています。

BOM が勝手に削除される操作:
  1. [編集] メニューの [置換] をクリックします。

  2. フォルダーリストの編集したい HTML ファイルをクリックして選択します。
    [検索対象] が [選択したページ] になっていることを確認して、[すべて置換] をクリックします。


    ※検索対象が [選択したページ] か、 [すべてのページ] の場合に、BOM が勝手に削除されてしまいます。

  3. [この置き換え処理は元に戻せません。続けてもよろしいですか?] で [はい] ボタンをクリックします。

  4. 編集後のファイルをダブルクリックして開きます。

  5. [コード] ビューの適当な場所を右クリックし、[エンコード] をクリックします。
    [BOM (バイト オーダー マーク)を追加する] のチェックボックスのチェックが外れていますので、BOMが勝手に削除されています。

  6. BOM を再度追加するには、外れていたチェックを入れて、[OK] ボタンをクリックし、上書き保存します。