PAGE TOP ▲
Office Hashimoto
ノウハウ集トップへ

USEN BROAD-GATE 02 ビジネスホスティング利用方法(メール初期設定)

USEN BROAD-GATE 02 ビジネスホスティングを契約された方に、少しでも参考にしていただければと思います。
さて、ネットワーク管理者に自分用のアカウントとパスワードを通知されたら、[コントロールパネル] でメールの初期設定を行います。
下記の操作は各自担当者が行います。ネットワーク管理者は個別アカウントの詳細情報を設定できません。

  1. [コントロールパネル] にログオンする
    ネットワーク管理者から 通知された [アカウント情報] を見ながら作業してください。
    • Webブラウザを起動します。

    • アドレスバーに [アカウント情報] に記載されている [コントロールパネルURL] を入力します。

      通常、 https:¥¥御社のドメイン名¥ControlPanel になっています。
      ※IE8 では、サーバ証明書のドメイン名が契約のドメイン名と異なる場合に、このような警告が表示されることがありますが、無視して [このサイトの閲覧を続行する (推奨されません)] をクリックします。

    • [アカウント情報] に記載されている [アカウントID] と [初期パスワード] を入力して [ログイン] ボタンをクリックします。

      ※ここで入力するアカウントIDは、メールアドレスではありません。下記の name の部分です。
       name@御社のドメイン名

  2. アンチウイルスを有効にする

    USEN には、標準で ClamAV が搭載されています。
    ClamAV は、ウィルスを含んだ添付ファイルをスキャンするウイルス対策プログラムです。このプログラムは、添付ファイル内にウイルスを検出すると、そのメールを隔離フォルダに振り分けます。次の手順で利用できます。

    • [コントロールパネル] が表示されたら、左メニューの [メール] をクリックして展開します。

    • 続いて [ClamAV アンチウイルス] をクリックします。

    • [ClamAV アンチウイルス] 画面が表示されますので、[ウイルススキャンサービス] セクションの [適用] のチェックボックスにチェックします。

    • [設定を保存] ボタンをクリックします。

  3. アンチスパムを有効にする

    USEN には、標準で SpamAssassin が搭載されています。
    SpamAssassin はスパムフィルタリングサービスで、疑わしい迷惑メールを [迷惑メール] フォルダに自動的に振り分けます。次の手順で利用できます。

    • [SpamAssassin アンチスパム] をクリックします。
      続いて、[スパムフィルタリングサービス] セクションの [適用] のチェックボックスにチェックします。
      セキュリティレベルは最初は既定値 [高] からスタートして、正常メールが[迷惑メール] フォルダに振り分けられる割合を見ながら、徐々に最適なセキュリティレベルに調整してください。
      当所の実験では [低] がちょうどよいあんばいでした。

    • [設定を保存] ボタンをクリックします。

  4. 日本語と日本時間で利用するよう変更する

    USEN では、新規作成されたアカウントのタイムゾーンはGMT(グリニッジ標準時間)。文字コードはWindows英語(Shift JIS)になっていますので、日本語と日本時間で利用するには、これを変更しなければなりません。

    • 左メニューの [アカウント設定] をクリックして展開します。

    • [プロフィールの更新] をクリックします。

    • タイムゾーンで [アジア/東京] を選択し、時刻の表示で [19:10] を選び、PCのエンコードで [Windows 日本語(ShiftJIS)] を選択します。

    • [保存] ボタンをクリックします。

  5. メールの初期設定が終了しましたので、[ログアウト] をクリックし、コントロールパネルからログアウトします。