PAGE TOP ▲
Office Hashimoto
ノウハウ集トップへ

VPN を使って遠隔地のネットワークに接続する方法(Windows Vista編) 

 自宅から、或いは営業先から会社のネットワークに接続してデータを見たい場合、VPN を使って接続する方法があります。但し、VPN サーバ(接続される側)が稼動中であることが条件となります。
ここでは、VPN クライアント(接続する側)の設定方法を記述します。

 

「スタート」 ボタンをクリックし、「ネットワーク」 を右クリックして、「プロパティ」 をクリックします。

[ネットワークと共有センター] が表示されます。
タスクグループの [接続またはネットワークのセットアップ] をクリックします。

[接続またはネットワークのセットアップ] ウィザードが表示されますので、[職場に接続します] を選択して [次へ]ボタンをクリックします。

[既存の接続を使用しますか?] の質問に対して [いいえ、新しい接続を作成します] を選択して、[次へ] ボタンをクリックします。

[どの方法で接続しますか?] の質問に対して [インターネット接続(VPN)を使用します] を選択します。

[インターネットアドレス] を入力します。
 説明:接続先のドメイン名か、グローバルIPアドレスを入力します。この情報は、接続先のネットワーク管理者にお尋ねください。
[接続先の名前] を入力します。
 説明:どこに接続するかがわかりやすい任意の名前を入力します。
[今は接続しない] にチェックを入れて [次へ] をクリックします。

[ユーザー名] と [パスワード] を入力し、[このパスワードを記憶する] にチェックをつけて作成」ボタンをクリックします。
 説明:ここでの「ユーザー名」と「パスワード」は、接続先のネットワーク管理者にお尋ねください。

VPN接続の準備ができましたので、[閉じる] ボタンをクリックします。

VPN接続の方法は、インターネット接続をしている状態で[スタート] ボタンをクリックし、[接続先] をクリックします。

[表示] のドロップダウンボタンをクリックし、[ダイヤルアップとVPN] を選択します。
作成したVPN接続を選択します。
[接続] ボタンをクリックします。

関連情報:VPN を使って遠隔地のネットワークに接続する方法(Windows XP編)
関連情報VPN を使って遠隔地のネットワークに接続する方法(Windows 7編)