PAGE TOP ▲
Office Hashimoto
ノウハウ集トップへ

リモートデスクトップ接続でリモートされるように、PCをセットアップする方法(Windows 7編)

LANに接続している Windows 7 Professional のPCを、ヘルプデスク担当者からリモート制御されるようにセットアップする方法です。
リモートデスクトップでは、ユーザー名とパスワードが設定されていないと、接続エラーとなりますので、事前に設定願います。


リモート制御される側のセットアップ方法:
  1. リモート接続の許可を設定します。

    [スタート] → [コンピュータ] を右クリックして → [プロパティ] を左クリックします。

    [リモートの設定] をクリックします

    リモートする側の Windows が不明の場合は、「リモートデスクトップを実行しているコンピュータからの接続を許可する」を選択し、[OK] ボタンを2回クリックします。

     

    リモートする側が Windows Vista か、Windows 7 の場合は、「ネットワーク レベル認証でリモートデスクトップを実行しているコンピューターからのみ接続を許可する」を選択し、[OK] ボタンを2回クリックします。


     
リモート制御されるには:
  • リモート制御されるためには、自分のユーザー名とパスワードをヘルプデスクに伝えてください。
  • スタート → ログオフ でログオフして待機します。
  • そのままリモート操作完了の知らせを待っていてください。
    もしも、リモート操作中にログオンすると、セッションが切断されてしまいます。
関連情報: