PAGE TOP ▲
Office Hashimoto
ノウハウ集トップへ

WindowsXP Professionalで、未知のファイル「Thumbs.db」が勝手にできてしまう

 写真等のイメージファイルをエクスプローラを使って縮小版で表示すると、自動的に「Thumbs.db」が作られてしまいます。これは、システムがフォルダのサムネイルを格納しているファイルで、このファイルがあると、再表示が多少速くなるとのこと。
縮小版で表示する方法は、エクスプローラで表示メニューの縮小版をクリックします。

このファイルは通常では見えませんが、
エクスプローラでツールメニューのフォルダオプションを開き、「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない」のチェックボックスのチェックをオフにすると見えるようになります。

このファイルが作られることが嫌な方は、「縮小版をキャッシュしない」のチェックボックスをオンにしてください。

既存の「Thumbs.db」を削除しようとすると、次のワーニングメッセージが表示されますが、そのまま削除しても特にに問題は無いようです。