PAGE TOP ▲
Office Hashimoto
ノウハウ集トップへ

ISA Server2000で内部WEBサーバを公開すると、イベントID:15108の警告となる

◎現象
ISA Server2000で内部WEBサーバを公開すると、イベント ソース: Microsoft ISA Server Control でイベントID:151087の警告が記録され、WEBサーバにアクセスできなくなることがあります。
説明文は、「IP アドレス XXX.XXX.XXX.XXX から spoof attack が検出されました。このアタックは、パケットが受信されたインターフェイスを経由して、IP アドレスに到達できないときに発生します。」となりました。

◎対処方法
ISA Serverコンピュータの内部ネットワークアダプタにデフォルトゲートウェイアドレスを記述している場合は削除してください。
のアドレスを削除してください】

また、内部WEBサーバコンピュータのネットワークアダプタに記述するデフォルトゲートウェイアドレスには、ISA Serverコンピュータの内部ネットワークアダプタのアドレスを記述してください。
にはのアドレスを記述してください】

(参考資料:マイクロソフトサポート技術情報 - 840681