PAGE TOP ▲
Office Hashimoto
ノウハウ集トップへ

リモートデスクトップ接続でリモートされるように、PCをセットアップする方法(Windows XP編)

LANに接続している Windows XP Professional のPCを、ヘルプデスク担当者からリモート制御されるようにセットアップする方法です。
Windows XP Professional では、管理者権限を持った [administrator] というユーザーが既定で登録されています。
通常、このユーザー名にパスワードは設定されていませんが、パスワードが設定されていないと、リモートデスクトップ接続で接続エラーとなります。
以降の説明では、リモートされる側のPCに登録済みの administrator というユーザー名を使って接続します。

リモート制御される側のセットアップ方法:
  1. administrator アカウントにパスワードを設定します。既に設定済みの場合は手順2に進んでください

    [スタート] → [マイコンピュータ] を右クリックして → [管理] を左クリックします

    コンピュータの管理画面で左ペインの [ユーザー] フォルダを開き、右ペインの administrator を右クリックして [パスワードの設定] を左クリックします

    「administrator のパスワードの設定」画面が表示されますので、 [続行] ボタンを押してください

    パスワードを2回入力して [OK] ボタンを2回押してください。

     
  2. リモート接続の許可を設定します

    [スタート]→ [マイコンピュータ] を右クリックして → [プロパティ] を左クリックします

    [リモート] タブをクリックし、「このコンピュータにユーザーがリモートで接続することを許可する」にチェックを付けて [OK] ボタンを押します。

     
リモート制御されるには:
  1. リモート制御されるためには、手順1で設定した administrator のパスワードをヘルプデスクに伝えてください。
  2. スタート → ログオフ でログオフして待機します。
  3. リモート制御が始まるとコンピュータがロックしますが、リモート制御が終わりますとログオフ状態に戻ります。
関連情報: