PAGE TOP ▲
Office Hashimoto
ノウハウ集トップへ

Outlook Express のアドレス帳を保存、復元する方法

Windows XP や、Windows 2000 は、Windows にログオンしたユーザー名で個別のプロファイルが作成されます。
通常、ユーザー名を変更したりPCを交換した場合は、新しいプロファイルが作られますので、Outlook Express の情報をUSBメモリ等のリムーバブルデバイスに保存、復元する作業が必要になってきます。
 
  1. アドレス帳の保存方法

    ツールバーの「アドレス」を左クリックします

    ファイルメニューの「エクスポート」 → 「ほかのアドレス帳」を左クリックします

    「テキストファイル(CSV)」を選択し、「エクスポート」ボタンをクリックします

    「参照」ボタンをクリックします

    USBメモリ等に保存用フォルダ(例:メールバックアップ)を作成し、「保存する場所」で作成したフォルダを選択します。
    ファイル名(例::address)を入力し、「保存」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタンをクリックします

    エクスポートするフィールドはなにも選択せず、「完了」ボタンをクリックします

    「OK」ボタンをクリックします

     
  2. アドレス帳の復元方法

    Outlook Express を起動し、保存の要領でツールバーの「アドレス」を左クリックします。
    ファイルメニューの「インポート」 → 「ほかのアドレス帳」を左クリックします

    「テキストファイル(CSV)」を選択し、「インポート」ボタンをクリックします

    「参照」ボタンをクリックします

    「ファイルの場所」で保存用フォルダを選択すると、保存済みのアドレス帳が表示されます。そのファイルを選択し、「開く」ボタンをクリックします。

    「次へ」ボタンをクリックします

    「完了」ボタンをクリックします

    「OK」ボタンをクリックします

関連情報