PAGE TOP ▲
Office Hashimoto
ノウハウ集トップへ

Outlook Express のメッセージを保存、復元する方法

Windows XP や、Windows 2000 は、Windows にログオンしたユーザー名で個別のプロファイルが作成されます。
通常、ユーザー名を変更したりPCを交換した場合は、新しいプロファイルが作られますので、Outlook Express の情報をUSBメモリ等のリムーバブルデバイスに保存、復元する作業が必要になってきます。

 
 
  1. メッセージの保存方法

    メッセージを保存する前に、次の操作で「隠しフォルダ」を表示できるように設定してください。

    • 「スタートボタン」を右クリックし、「エクスプローラ」を左クリックして開きます。

    • 「ツール」メニューの「ファルダオプション」をクリックします

    • 「表示」」タブをクリックし、「すべてのファイルとフォルダを表示する」を選択し、「OK」ボタンをクリックします。

    Outlook Express を起動し、「ツール」の「オプション」を左クリックします

    「メンテナンス」タブをクリックし、「保存フォルダ」のボタンをクリックします

    メールメッセージの保存場所が表示されます。
    「C:\Documents and Settings\~~~~\Outlook Express」までの文字を「shift」キーを押しながら、「→」キーを押し続けて選択します。
    「ctrl」キーを押しながら「C」キーを押し、選択されたフォルダのパスをコピーします。

    「スタートボタン」を右クリックし、「エクスプローラ」を左クリックして開きます

    エクスプローラの「アドレスバー」をクリックし、「ctrl」キーを押しながら「V」キーを押して先ほどコピーしたパスを貼り付けます。
    「enter」キーを押すと、「Outlook Express」フォルダが表示されます。
    この「Outlook Express」フォルダーを右クリックし、「コピー」を左クリックします。
    USBメモリ等に貼り付けます。

  2. メッセージの復元方法

    Outlook Express を起動し、ファイルメニューの「インポート」 → 「メッセージ」を左クリックします

    「Microsoft Outlook Express 6」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします

    「Outlook Express 6 ストアディレクトリから・・・・」を選択し、「OK」ボタンをクリックします

    「参照」ボタンをクリックして、USBメモリ等に保存済みの「Outlook Express」フォルダを選択し、「次へ」ボタンをクリックします

    「すべてのフォルダ」が選択されていることを確認して、「次へ」ボタンをクリックします

    「完了」ボタンをクリックします