PAGE TOP ▲
Office Hashimoto
ノウハウ集トップへ

ISA Server 2004の背後からFTPクライアント アクセスを可能にする方法

ISA Server 2004の背後からインターネットサービスプロバイダー(ISP)のFTPサーバにアクセスするには、手作業でアクセスルールを作成する必要があります。
その方法は、
「スタート」→「プログラム」→「Microsoft ISA Server」→「ISA Serverの管理」を起動します。
ISA Server コンピュータのノードを展開して、[ファイアウォール ポリシー] をクリックします。
作業ウィンドウの [タスク] タブで、[新しいアクセス ルールの作成] をクリックして [新しいアクセス ルール ウィザード] を開始します。開始ページで、「FTPアクセスを許可」などのアクセス ルール名を入力し、[次へ] をクリックします。  

「許可する」を選択し、「次へ」をクリックします。

「このルールの適用先」で「選択されたプロトコル」を選びます。
「追加」ボタン」をクリックして「FTP」を選択し、「次へ」をクリックします。
送信元は「追加」ボタンをクリックして「内部」を選択し、「次へ」をクリックします。
宛先は「追加」ボタンをクリックして「外部」を選択し、「次へ」をクリックします。

ユーザーセットで「次へ」をクリックします。
既定では「すべてのユーザー」になってしまいますが、よりセキュリティを高めるには特定ユーザーセットを作成して、「追加」ボタンで選択することをお勧めします。

「完了」をクリックします

FTPサーバに書き込みを許可するには、上記で作成したアクセスルールを右クリックしてプロパティを表示し、「プロトコル」タブをクリックします。「フィルタ」ボタンをクリックし、「FTPの構成」をクリックします。

「読み取り専用」のチェックを外して「OK」ボタンを2回クリックします。
「適用」ボタンをクリックしてルールを適用します。