PAGE TOP ▲
Office Hashimoto
ノウハウ集トップへ

WindowsXPでパスワード付きZIPファイルを作成する方法

ZIP形式の圧縮ファイルにパスワードを付与することにより、メール添付ファイルや、リムーバブルメディアに保存したデータを保護することが可能になります。

その方法は、
新しいフォルダを作成し、ZIP形式に圧縮したいデータを格納します。
 

説明のため、フォルダ(例:顧客向け納品データ)には、以下のファイルを格納しました。

圧縮するフォルダを右クリックし、「送る」 → 「圧縮(zip形式)フォルダ」をクリックします。

ZIP形式の圧縮フォルダが作成されました。

ZIP形式の圧縮フォルダを右クリックし、「開く」をクリックしてZIPを展開します。

展開されたフォルダが表示されました。このフォルダは通常のフォルダではなく、ZIP形式だということを意識してください。

展開されたフォルダを右クリックしてプロパティを左クリックすれば、ZIP形式だという確認ができます。

右ペインの空白の部分(赤丸部分)を右クリックして「パスワードの追加」を左クリックしてください。
この処理は、ZIP形式の圧縮フォルダを展開しなければ行えないことを意識してください。

パスワードを2回入力して、「OK]ボタンをクリックしてください。

パスワードを適用している旨のポップアップが表示されます。
ここでは、ZIP形式フォルダ内のすべてのファイルにパスワードが適用されることを意識してください。

上記の方法で、ZIP形式の圧縮ファイルにパスワードを付与することができました。
圧縮前のデータは別の場所に移動してください。

関連情報:パスワード付きZIPファイルをWindowsXPで解凍する方法