PAGE TOP ▲
Office Hashimoto
ノウハウ集トップへ

電話が着信すると ADSL が切断することがある

電話共用タイプの ADSL を使っていてる方にお知らせです。

気が付きにくいことですが、パソコンのインターネットブラウザーを使っていると、たまにブラウザーが固まったような状態となり、暫くすると自然に回復ことがあります。ブラウザーが少し不機嫌になったかな?などと思う程度で、さして気に留めないものです。

このような現象になった時、電話の呼び鈴が鳴っていませんか?電話が着信すると ADSL が切断されることがあります。

確かめる方法は、その電話番号にお手持ちの携帯から電話してみてください。すると、ADSL モデムの一番上のランプが点灯から点滅に変わり、電話を切って暫くすると点灯に戻ります。ランプが点滅した状態で、ADSL は切断されているのです。

再現性があるようでしたら、NTTの設置した「保安機」という品物を交換すると改善することがあります。「保安機」は、ビルや家の外壁の高い場所に設置されていることもありますので、 ご自身で交換するのは大変危険です。必ずNTTに依頼してください。工事料金は消費税込みで7800円程度です。

NTTの部品に不具合があるのになぜ利用者負担なのか?と工事担当者に聞きましたところ、「定款」に有償と記述されているとのことでした。