PAGE TOP ▲
Office Hashimoto
ノウハウ集トップへ

ウイルスバスター Corp. のパターンファイルを、外出先でもアップデートさせる方法

 ウイルスバスター Corp.を使っていて心配なことは、外出先でパターンファイルのアップデートが出来なかったことです。バージョン8では、社内のウイルスバスター サーバとの接続に失敗した場合、自動的にトレンドマイクロのアップデート サーバに接続してアップデートを行うことが可能になりました。その方法は

  1. ウイルスバスター Corp. の Web コンソールを開きます。

    • インターネットブラウザを起動します。

    • アドレスバーに [ http://社内のウイルスバスター サーバ名/officescan ] と入力します。
      (会社によって https だったり、特定のポート番号を指定することもあります)

    • 管理者パスワードを入力し、ログオンボタンをクリックします。

  2. モバイルPCの[権限とその他の設定] を変更します。

    • 左メニューから、[ネットワーク上のコンピュータ] を展開し、[クライアント管理] をクリックします。

    • 詳細ウィンドウの [対象ドメイン名] をクリックし、社外に持ち出す [モバイルPC名] をクリックして選択します。

    • [設定]メニューの[権限とその他の設定] をクリックします。

    • [権限とその他の設定]ウィンドウの [その他の設定] タブをクリックし、[トレンドマイクロのアップデートサーバからのアップデートを実行]のチェックボックスをチェックして下の方にある[保存]ボタンをクリックします。

  3. ウイルスバスター Corp.サーバと接続

    • モバイルPCを社内LANに接続して電源を投入し、ウイルスバスター Corp.サーバと1回接続させることで、上記の設定がモバイルPCに通知されます。

    • 社外に持ち出して、パターンファイルが更新できることを確認してください。