PAGE TOP ▲
Office Hashimoto
ノウハウ集トップへ

Exchange 2007 ユーザーの名字を変更しても、Outlook 2007 のアドレス帳に反映されない

 Exchange 2007 ユーザーの名字を変更しても、Outlook 2007 のアドレス帳には変更内容が反映されず、変更前の古い名字が表示されることがあります。OWA (Outlook Web Access)のアドレス帳にはすぐに反映されます。この症状は、クライアントのキャッシュに、変更内容がレプリケートされていないことが原因と考えられます。
下記の方法でクライアントのキャッシュを作成し直すと、反映されることが分かりました。

◎環境
  • Exchange キャッシュモードで Exchange 2007 と接続していること
  1. クライアントのキャッシュを削除します。
    • Outlook 2007 の [ツール] メニューをクリックし、 [アカウント設定] をクリックします。

    • [データファイル] タブをクリックし、[設定] ボタンをクリックします。

    • [詳細設定] タブをクリックし、[Exchange キャッシュ モードを使う] のチェックを外して [OK] ボタンをクリックします。

    • 確認メッセージが表示されますので、[OK] ボタンをクリックします。

    • キャッシュファイルをクリックして、[フォルダを開く] ボタンをクリックします。
      [削除] ボタンをクリックしても、使用中のため削除できません。
      開いたフォルダはそのままで、Outlook 2007 を閉じます。

    • 開いたフォルダの中のファイルを全部削除します。

  2. キャッシュモードに戻します。
    • Outlook 2007 を起動します。

    • Outlook 2007 の [ツール] メニューをクリックし、 [アカウント設定] をクリックします。

    • [データファイル] タブをクリックし、[設定] ボタンをクリックします。
      キャッシュファイルは「利用不可」になっています。

    • [詳細設定] タブをクリックし、[Exchange キャッシュ モードを使う] と [共有フォルダをダウンロード] にチェックをして [OK] ボタンをクリックします。

    • 確認メッセージが表示されますので、[OK] ボタンをクリックします。

    • Outlook 2007 を再起動します。
      次回の起動は、Exchange 2007 からキャッシュファイルを全部ダウンロードしますから、少し時間がかかります。