PAGE TOP ▲
Office Hashimoto
ノウハウ集トップへ

ショートカットを共通のデスクトップ上に貼り付ける方法(Vista編)

会社では、デスクトップに共通のショートカットを置いて操作したくなることが多いでしょう。
WORD や EXCEL 、共有フォルダなどの、誰もが頻繁に使うショートカットを共通のデスクトップ上に貼り付けておけば、
異なるユーザーアカウントでログオンしても、新しいユーザーアカウントを作成しても、
デスクトップには共通のショートカットが存在するので、仕事がしやすくなります。
EXCEL 2007 のショートカットを例に説明します。

(Windows Vista編)

  • 管理者権限のユーザーアカウントでWindowsにログオンします。

  • 下記の文字列(パス)をすべて選択し、[ctrl] + [c]キーを押してクリップボードにコピーします。
    これは隠しフォルダのパスですが、エクスプローラで直接指定すると、開くことができます。
              C:\Users\Public\Desktop

  • [スタート]ボタンをクリックし、[コンピュータ]をクリックします。

  • アドレスバーに[ctrl] + [v]キーを押して貼り付けます。

  • [enter]キーを押します。
    アドレスバーが [ユーザー > パブリック > パブリックデスクトップ] になりました。
    この窓を開いたまま、次の操作をします。

  • [スタート] [すべてのプログラム] [Microsoft Office] とクリックし、
    [Microsoft Office Excel 2007]を右クリックして[コピー]をクリックします。

    ※ここでコピーしたのは、[Excel 2007] のショートカットです。

  • 先ほどの[エキスプローラ]の右ペインに貼り付けます。

  • エラーメッセージが表示されますが、[続行]ボタンをクリックします。

  • [ユーザーアカウント制御]のメッセージが表示されたら、[続行]ボタンをクリックします。

  • EXCEL 2007 のショートカットが共通のデスクトップ上に登録されました。

  • ※ご注意
    管理者権限でログオンしたユーザーが、自分のデスクトップ上にある、共通のショートカットを削除してしまうと、
    他のユーザーアカウントのショートカットも削除されてしまいます。